HOME > 収益性分析TOP > 経営安全率(安全余裕率)とは

経営安全率(安全余裕率)とは



経営安全率(安全余裕率)とは


はじめに

企業は利益を上げれずに、赤字が続くと事業を継続していくことも難しくなります。そこで赤字への体制がどの程度あるのかを見る指標の一つが経営安全率(安全余裕率)です。今回は経営安全率の意味や計算式、経営安全率を見るのに欠かせない損益分岐点について解説します。

さらに経営安全率の見方やなぜ赤字への体制を見れるのか、経営安全率を改善するにはどうすればいいのかについても解説します。






経営安全率(安全余裕率)とは

経営安全率(安全余裕率)の意味

経営安全率は安全余裕率とも言い、企業の赤字への抵抗力を見て、その企業の経営の安全性を判断する指標の一つです。

経営安全率(安全余裕率)の計算式

経営安全率(安全余裕率)は売上高から損益分岐点売上高を引いたものを売上高で割って求めます。計算式を書くと以下のようになります。

売上高が損益分岐点売上高よりも高ければパーセンテージはプラスで、さらにその差が大きいほどパーセンテージの値も大きくなります。逆に売上高が損益分岐点売上高よりも低い場合はパーセンテージはマイナスになります。

経営安全率の計算式

損益分岐点とは

損益分岐点とは変動費と固定費を合わせた総費用と売上高が一致する点のことで、損益分岐点であれば収支はトントンになります。損益分岐点よりも売上が上なら利益が発生し、下なら赤字となります。損益分岐点は売上高と、売上高、変動費から求める変動費率、固定費の金額がわかれば以下の式から求めることができます。詳しくは損益分岐点とはで解説しています。

損益分岐点の計算式

変動費率の計算式



経営安全率(安全余裕率)の見方

経営安全率は赤字への抵抗力を見る

経営安全率では売上高から損益分岐点売上高を引いた値を売上高で割って求めますが、売上高が落ちで損益分岐点売上高を下回り赤字に陥るまでにどの程度余裕があるかを見ます。

売上高が損益分岐点売上高に対して大きければ大きいほど、赤字に陥るまでの余裕も大きくなり、経営安全率の数値も高くなります。一方売上高がそれほど大きくないと赤字に陥るまでの余裕も少なくなり、結果経営安全率も低下します。赤字に陥った場合は経営安全率もマイナスになります。

経営安全率の見方

例題で経営安全率を見てみる

例えば損益分岐点売上高が3600万円で、実際の売上高が4000万円の会社があったとします。その時の経営安全率は、

経営安全率の計算その1

10%です。仮に売上高が10%落ちたとしても損益分岐点売上高となり、収支はトントンで収まります。これを下回ると赤字になります。

別のケースを見てみましょう。こちらは損益分岐点売上高が5000万円で実際の売上高が6500万だとします。この時の経営安全率は、

経営安全率の計算その2

29%です。こちらは29%売り上げが落ちたとしても収支はトントンで収まります。最初のケースよりもこちらの会社の方が赤字への抵抗力は高いといえます。

赤字の会社の経営安全率は?

ちなみに売上高が損益分岐点売上高を下回った場合はどうなるでしょうか。例えば損益分岐点売上高が4500万で、実際の売上高が3500万円だとします。この場合の経営安全率は、

経営安全率の計算その3

-28%となります。赤字だと経営安全率はマイナスとなり、収支をトントンにするまでに28%売上高を上昇させる必要があります。



経営安全率(安全余裕率)の改善

経営安全率(安全余裕率)を改善するには

経営安全率(安全余裕率)を改善するには売上高を上げるか、損益分岐点売上高を改善することが必要です。損益分岐点売上高を改善するには変動費率と固定費の額を改善することが必要です。そこで変動費率と固定費を改善すると損益分岐点売上高はどのように変化するかを見ていきます。

固定費を改善する

固定費には設備の減価償却費や事務所の賃貸費用、一般管理費などがあります。これら固定費を改善するには無駄な設備の償却や、アウトソーシング(外部委託)、給与水準の見直しによる一般管理費の削減などがあります。これにより固定費を改善すると損益分岐点であるBEP(Break Even Point)は、下の図でBEP1の状態からBEP2へと改善します。

固定費の削減による損益分岐点の改善

変動費を改善する

変動費とは原材料費、燃料費、運搬費用などです。これも原材料費なら価格交渉や購入先の見直しなどで、他にも運搬費用の見直しや工場の合理化による歩留まり率の向上などで変動費を削減することが可能です。歩留まりとは製造過程において欠陥なしに製造、出荷できた製品の割合です。

変動費を改善すると以下の図のように損益分岐点はBEP1からBEP2へと改善します。

変動費の削減による損益分岐点の改善



まとめ

経営安全率(安全余裕率)とは損益分岐点売上高と売上高から、企業の赤字への体制がどの程度あるかを見る指標です。経営安全率は売上高が損益分岐点売上高よりも大きければ大きいほど数値は高くなり、赤字への体制も高くなります。

経営安全率を改善するには売上を上げるか、損益分岐点売上高を下げる必要があります。損益分岐点売上高を下げるには変動費と固定費を削減する必要があります。こうした施策をとることで経営安全率は改善されます。




※参考資料
経営分析入門―ビジネス・ゼミナール
経営分析の考え方・すすめ方
これならできる!経営分析
ほんとうにわかる経営分析


損益分岐点比率 || EBITDA
TOPへ HOMEへ

公開日 2018/08/16




収益性分析一覧














Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。