HOME > 収益性分析TOP > 売上高当期純利益率

売上高当期純利益率



当期純利益とは


当期純利益の求め方

当期純利益といえば税引前と税引後の両方が当てはまりますが、日本では一般に税引後を指すことが多いようです。当期純利益は経常利益から特別損益を加減し、法人税・住民税・事業税を控除し、法人税等調整額を加減して求めます。経常損益が企業活動上経常的に発生するものであるのに対し、特別損益はまれにしか発生しないものが当てはまります。固定資産売却損益や転売以外の目的で取得した有価証券売却損益、災害損失などが該当します。

当期純利益は前期繰越利益と合算され当期未処分利益となり、利益準備金、別途積立金、株主配当金、役員賞与金などの原資として処分されます。

損益計算書


当期純利益の計算過程

以下の図は売上高から売上原価や販管費、特別利益などが引かれ当期純利益が求められるまでを表したものです。まず売上高から売上原価が引かれて売上総利益が求められ、さらに販売費・一般管理費が引かれると営業利益となります。そこから営業外損益が引かれて経常利益となり、特別損益が引かれて税引前利益に、最後に法人税等引かれて当期純利益となります。

売上高から当期純利益までの計算過程



売上高当期純利益率とは


売上高当期純利益率 = 当期純利益× 100
売上高
売上高当期純利益率とは売上高と当期純利益の比率です。特別損益と売上との関連が低いこともあり、売上高当期純利益率も指標としてそれほど重要視されていません。利用する場合は同業他社との比較や自社の過去の実績との比較が有効でしょう。売上高経常利益率と売上高当期純利益率とを比べてみて、その差が大きいときは特別損益の内容にも注意が必要です。





※参考資料
これならできる!経営分析
経営分析の基本
経営分析の考え方・すすめ方


※実践編


売上高経常利益率 || 売上高販管費率
TOPへ HOMEへ

text 2006/09/17




収益性分析一覧















Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。