HOME > 成長性分析TOP > 成長性とは

成長性とは




成長性とは

成長性とは企業経営の拡大発展の度合いや可能性のことで、その測定を成長性分析といいます。企業の成長は従業員や株主、社会への利益還元の拡大には必要不可欠なものです。また世の中自体不断に変化するもので、変化についていくか、変化を先読みしていかないと、相対的に縮小していくことにもなります。現在好調でも将来の変化への備えも忘れてはいけないということです。一方で企業経営において成長性が重要なことは当然ですが、成長性を追い求めるあまり、安全性が損なわれてしまえば元も子も有りません。例えば急激な成長による資金需要を満たすために、借入金を大きく増やした結果安全性が大きく低下してしまったといったようなケースです。成長性を見る場合は同時に安全性のチェックも重要になります。

成長性と安全性のバランス



成長性を判断する指標

企業の成長性を見るには売上や利益の伸び率をみるとわかりやすいですが、売上や利益を伸ばすためには製造設備を拡充したり売り場面積を拡張する、製造、販売にかかる人員を増やすなどの対策が求められてきます。また新製品開発のための研究費も重要です。こうしたことから売上や利益の伸び率だけでなく従業員や設備の増加率、研究開発費比率なども総合的にみて判断していくことが成長性の分析では重要です。




※参考資料
経営分析の基本
決算書 読解力の基本が身につく88の極意
経営分析入門―ビジネス・ゼミナール
経営分析の考え方・すすめ方


| 売上高伸び率
TOPへ HOMEへ

text 2014/12/16




成長性分析一覧















Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。