HOME > 実践編TOP > 売上債権・買入債務回転率で分析

売上債権・買入債務回転率で分析




債権の健全度と資金繰り状況を探る

今回は売上債権回転日数と買入債務回転日数を使って企業分析を行っていきます。活動性分析には回転率と回転日数がありますが、回転率は1年間に何回売上債権や買入債務が回転したかを見る指標で、回転日数は売上債権や買入債務が何日分あるのかを見る指標です。ここでは回転日数で分析していきます。

企業の売上高は現金回収が必須条件ではないので、売上を上げ利益が出ていたとしても実際に現金が回収されているかどうかはわかりません。もし支払日に現金が不足していると企業は利益を上げていても倒産してしまいます。これが黒字倒産です。したがって売上債権のチェックというのは非常に重要になります。売上債権の回収期間は商品の競争力や取引先との関係、販売力の強さ、市場の競争状況などに左右されます。商品に競争力がある企業ほど回収期間は短くなります。

回転期間は取引先の資金繰りの悪化や、倒産などによっても左右されます。回転期間が長くなると企業を運営していくためにある程度の手元資金が必要となるので、資金繰りも圧迫されます。売上債権回転期間を見ることで売上債権の健全性や資金繰りへの影響をみることができます。今回はアパレル業界を対象に分析していきます。

■今回使う指標
売上債権回転率
買入債務回転率



売上債権回転日数

それでは実際に各企業の売上債権回転日数を見ていきます。

ファーストしまむらワールドオンワードユナイテッド
売上高1,143,003487,351336,480258,369115,041
売上債権前・当期平均139,8331,82120,39625,559172
売上債権回転日数44.6日1.3日22.1日36.1日0.5日

5社の中ではユニクロを展開するファーストリテイリングがもっとも長い回転日数となっています。売上債権に問題があるのではないか、売上を上げるために掛け売りの比率が高まっているのではないか、資金繰りを圧迫しているのではないかといったことが懸念されます。5社の中ではしまむらとユナイテッドアローズが飛びぬけて短い日数となっています。現金商売を主としているのか売上債権自体少ない金額となっています。資金繰りの面でもかなり有利だと言えるでしょう。



貸倒引当金をみる

貸倒引当金とは売上債権の貸倒れに備えて一定の割合で事前に費用計上するものですが、その計上額は過去の経験則に個別の売上債権の正常度を測定した金額を合計して設定します。貸倒引当金の金額が大きいほどその売上債権の貸倒リスクを高く見積もっていることになるので、貸倒引当金から売上債権の正常度を見ることができます。

ファーストしまむらワールドオンワードユナイテッド
貸倒引当金488
(0.3%)
-52
(0.2%)
452
(1.7%)
2
(1.1%)

貸倒引当金の割合については各社とも1%近辺でそれほど変わりません。しまむらは貸倒引当金の記載が財務諸表では見当たりませんでした。



買入債務回転日数も確認

買入債務の支払期日が短いと資金繰りを圧迫します。逆に支払期日が長ければ長いほど資金繰りには有利に働きますが、長すぎるのも支払いの遅延や、企業体力の低下などの懸念、取引先の不満などの問題がでてくるので一概にいいとはいえません。ここでは合わせて買入債務回転日数についても見ていくことにします。

ファーストしまむらワールドオンワードユナイテッド
買入債務回転日数30.8日11.5日42.6日47.1日26.1日
売上債権回転日数44.6日1.3日22.1日36.1日0.5日

5社の中ではワールドとオンワードが40日以上と長いので資金繰りの面では有利だと言えるでしょう。逆にユナイテッドアローズや特にしまむらは短くなっています。買入債務の回転日数が短いとそれだけすぐに取引先へと代金を支払わないといけないので、取引先にとってはうれしいでしょうが、当該企業においては資金繰りの圧迫要因となります。

しまむらやユナイテッドアローズは売上債権回転日数は短いので資金繰りの面では有利ですが、買入債務回転日数が短いことが逆に資金繰りの圧迫要因となっています。ファーストリテイリングとワールド、オンワードの場合、売上債権回転日数が長くて資金繰りの圧迫要因となっていますが、買入債務回転日数もながいのでこちらは資金繰りに有利に働いています。



各社の財務データ(2012年・百万円)


ファーストしまむらワールドオンワードユナイテッド
売上高1,143,003487,351336,480258,369115,041
売上債権前・当期平均139,8331,82120,39625,559172
貸倒引当金488
(0.3%)
-52
(0.2%)
452
(1.7%)
2
(1.1%)
買入債務前・当期平均96,54615,38039,27733,3758,239
売上債権回転率8.17回267,62回16.49回10.1回668.84回
売上債権回転日数44.6日1.3日22.1日36.1日0.5日
買入債務回転率11.83回31.68回8.56回7.74回13.96回
買入債務回転日数30.8日11.5日42.6日47.1日26.1日




※参考資料


棚卸資産・商品回転率で分析 || PBRで分析
TOPへ HOMEへ

text 2014/04/19




実践編一覧















Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。