HOME > 実践編TOP > 売上高各利益率で分析

売上高各利益率で分析




はじめに

経営分析のススメでは、これまで様々な指標について取り上げてきましたが、実践編ではそうした指標を使って実際に各業界の企業分析を行っていきます。今回取り上げる業種は2012年度の自動車業界です。

■今回使う指標
売上高総利益率売上高営業利益率売上高当期純利益率



各社の商品の儲ける力

売上高総利益率はその企業の持つ商品の稼ぐ力を表しています。自動車業界なら商品である自動車の収益力をみることが出来ます。この指標が高ければそれだけ他社より高い収益性を持つ商品をもっているということになります。

総利益がその商品が持つ稼ぐ力であるのに対し、営業利益は販菅費が差し引かれたものです。人がいなければ企業は成り立ちませんので、販菅費がゼロになるということはないでしょうが、商品自体が持つ収益力を見るときには売上高総利益率が有効な指標となります。

トヨタ ホンダ日産マツダスズキ
売上高総利益率18%26%17%22%26%
商品力ではホンダとスズキがややリードしているようです。収益力のある魅力的な商品を展開しているということになります。



販菅費をチェック

売上高総利益率と売上高営業利益率の差が売上に占める販菅費の割合になります。

トヨタ ホンダ日産マツダスズキ
売上高総利益率18%26%17%22%26%
売上高営業利益率6.0%5.5%5.4%2.4%5.6%
ホンダとスズキは売上高総利益率は高いですが、売上高営業利益率になるとトヨタや日産と横並びとなります。トヨタや日産はホンダやスズキよりも販管費の比率を抑えていることがわかります。マツダに関しては売上高総利益率と売上高営業利益率の開きがホンダやスズキと同程度ですが、総利益率自体が両社に劣るのでその分営業利益率も低くなっています。



営業外損益の過多のチェック

売上高当期純利益率は経済誌や新聞などの業績欄でよく目にする指標ですが、当期純利益には特別損益が含まれているので、その企業の本来の収益力を見る上では営業利益や経常利益には劣るといえます。しかしながら当期純利益は特別損益はもちろんのこと法人税なども控除した最終的な利益であり、これが株主への還元への原資となるので投資家からの関心も高くなります。

売上高税引前当期純利益率と売上高経常利益率の比較では、そこに大きな差があれば特別損益の存在が疑われます。経常利益が少ないのに税引前当期純利益が多ければ何か特別な利益が特別損益に計上されている可能性があり、逆に経常利益に比較して税引前当期純利益が極端に少ない場合は大きな特別損失の存在が疑われます。ここでは売上高税引前当期純利益率と売上高営業利益率を比較しますが、当期純利益と営業利益との差では特別損益だけでなく経常損益も含まれるので、両者の比較だけでは特別損益のみが過大であるかどうかを判断する事はできません。なぜなら経常損益のほうが過大であるかもしれないからです。しかしながら経常損益にしろ特別損益にしろそれと営業損益の開きが大きければ何らかの問題を内紛している可能性はありますので両者の差をはっきりさせることは決して無駄ではありません。

トヨタ ホンダ日産 マツダスズキ
売上高営業利益率6.0%5.5%5.4%2.4%5.6%
売上高税引前当期純利益率6.4%4.9%5.3%1.7%5.4%
各社とも売上高営業利益率と売上高税引前当期純利益率の差がほとんどないことがわかります。これは本業以外の営業外損益である経常損益や特別損益の影響をほとんど受けていないことをあらわしています。本業と関係ない部分で収益を下支えてしているような状況はあまり好ましくはありません。また逆に本業以外の部分が業績の足を引っ張っている状況でもないということも確認できました。このようにひとつの指標だけではわからないことも複数の指標を使うことで確認することができるようになります。



各社の財務データ(2012年・百万円)


トヨタホンダ日産
売上22,064,1929,877,9479,629,574
総利益4,063,6232,532,7851,606,916
営業利益1,320,888544,810523,544
税引前利益1,403,649488,891516,714
当期純利益962,163367,149342,446


マツダスズキ
売上2,205,2702,578,317
総利益475,974659,098
営業利益53,936144,564
税引前利益39,101139,403
当期純利益34,30480,389




※参考資料


| ROEと自己資本比率で分析
TOPへ HOMEへ

text 2013/10/02




実践編一覧















Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。