HOME > 安全性分析TOP > インタレスト・カバレッジ・レシオ

インタレスト・カバレッジ・レシオ



インタレスト・カバレッジ・レシオとは

有利子負債の水準が収益にに見合っているかを見る

売上から売上原価と販管費を引いた営業利益は会社本来の収益力を表すものです。この営業利益が金融費用をどれだけ補うことができているのかという金利負担能力を見る指標がインタレスト・カバレッジ・レシオです。インタレスト・カバレッジ・レシオは有利子負債の割合が収益に見合った水準であるかどうかという企業の安全性を判断する指標として使われます。金融機関の融資の際や、格付け会社の信用調査などの場面で重視される指標です。


インタレスト・カバレッジ・レシオの意味と計算式

インタレスト・カバレッジ・レシオは英語では「interest coverage ratio」と表記され省略して「ICR」とも呼ばれます。日本語だと「利息をカバーしている割合」と言う意味になります。インタレスト・ガバレッジ・レシオの計算式は以下になります。

インタレスト・カバレッジ・レシオの計算式


営業利益とは

営業利益についてもう少し詳しく説明します。営業利益は本業で得られる収益を表しており、売上高から売上原価を引いて、さらに販売費・一般管理費を引いて求めます。図にすると以下の通りです。この図でもまずは売上高から売上原価が引かれて売上総利益が求められ、次にそこから販売費・一般管理費が引かれて営業利益が計算されます。さらに営業外損益を引けば経常利益が、特別損益を引けば税引前利益が、法人税等を引けば当期純利益が求められます。

売上高から営業利益までの計算過程


支払利息・割引料とは

支払利息割引料とは借入金の利息や手形割引料のことです。 手形割引料とは満期前の手形を金融機関などに裏書譲渡し、現金化する際に手数料を払いますが、その手数料のことを手形割引料といいます。 現金化するために支払った前払い利息という扱いで、ここでは支払利息と同様金融費用として支払利息と合算します。

手形の裏書譲渡による現金化の流れ


営業キャッシュフローが使われることも

インタレストカバレッジレシオの計算では営業利益に代わり実際のキャッシュの動きから計算される営業キャッシュフローが使われることもあります。実際企業の決算短信ではインタレストカバレッジレシオの表記が義務付けられていますが、ここでの計算では営業キャッシュフローが使われます。営業キャッシュフローについては営業キャッシュフローの見方、計算の仕方、直接法と間接法で解説しています。



インタレスト・カバレッジ・レシオの見方

インタレスト・カバレッジ・レシオの見方

インタレスト・カバレッジ・レシオは高ければ高いほど、本業のもうけである営業利益に対する金融費用の負担の割合が少ないということになるのでよいとされます。インタレスト・カバレッジ・レシオが低い場合は、その理由は有利子負債が多いか、本業の利益が少ないかのいずれかです。特に1倍を割り込んでくると金融費用を本業の利益で補いきれていないということになるので、このような状態が長く続くと危険です。またこの指標が低下傾向にある場合も注意が必要です。


有利子負債が身の丈に合ってるか

有利子負債が大きいこと自体が問題ではありません。あくまで有利子負債の金額がその企業の身の丈(収益力)に見合っているかどうかが重要です。そこでインタレスト・カバレッジ・レシオで営業利益と有利子負債から発生する支払利息を比較し、有利子負債の額が収益に見合っているかどうかを見るのです。



インタレスト・カバレッジ・レシオの使い方

インタレスト・カバレッジ・レシオの業界平均値は4.4倍で、平均値の高い業種は自動車(28.7倍)、薬品(205.6倍)などです。この指標は業種間での差も大きいので使うときは同業他社や自社の過去の実績との比較などが有効でしょう。



インタレスト・カバレッジ・レシオの業界平均

インタレスト・カバレッジ・レシオの高い業種

以下の表は2008年度の各業界のインタレスト・ガバレッジ・レシオの平均です。この中では医薬品業界が205.6と突出して高い数値となっています。医薬品業界は収益率が非常に高く、また有利子負債も少ないのでそれがインタレスト・ガバレッジ・レシオにも反映されています。他にも自動車や通信、精密機器なども高い数値となっています。自動車や通信は有利子負債は少なくありませんが、収益性が高いのでインタレスト・カバレッジ・レシオも高い数値となっています。

インタレスト・カバレッジ・レシオの業界平均


ICRが低い業種にも理由がある

一方で電力(2.2)や鉄道・バス(3.4)、水産(2.0)などはインタレスト・カバレッジ・レシオの数値もかなり低いです。ICRだけで見ると安全性に問題がありますが、こうしたインフラや食品などの業種は景気などにあまり影響を受けない業種で比較的安定して収益を確保できます。有利子負債の高さもこうした業種による特徴が反映されている場合もあり、一概にICRだけで安全性が判断されるものでもありません。




※参考資料
経営分析の基本
誰でもわかるキャッシュフロー会計のしくみ
決算書 読解力の基本が身につく88の極意
戦略思考で読み解く経営分析入門


営業キャッシュフロー対流動負債比率、対長期負債比率 || WACC(加重平均資本コスト)
TOPへ HOMEへ

最終更新日 2017/09/19
公開日 2013/12/14




安全性分析一覧














Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。