HOME > 安全性分析TOP > キャッシュフロー計算書の意味と見方について

キャッシュフロー計算書の意味と見方について



キャッシュフローとは


企業活動では製品を製造し顧客に販売することでキャッシュが流入します。そして生産設備や材料費、借入金の返済、人件費などでキャッシュが流出します。こうした一定期間の企業活動でのキャッシュの流れや、その結果としてのキャッシュの増減をキャッシュフローといいます。

事業活動で得た収入 − 支払った費用・経費・税金 = キャッシュフロー

キャッシュフロー計算書では企業活動を「営業」、「投資」、「財務」の3つに分け、それぞれの活動でのキャッシュの増減を示しています。営業活動とは企業の主たる事業活動のことで、投資活動とは将来の価値創造のための活動で、財務活動とは資金調達や返済のための活動のことです。キャッシュフロー計算書の構造は期首のキャッシュ残高に期中のキャッシュの増減額を加減し、期末のキャッシュ残高を求めるという形になります。これにより期末のキャッシュ残高だけでなく、それがどのように増減したのかまでわかるようになります。



日本でキャッシュフロー計算書の公開が企業に義務付けられたのは2000年3月期からです。キャッシュフロー計算書が導入される以前は、キャッシュの増減額はわかっても、キャッシュがどのように増減したのかその内容を把握するすべがなかったのです。それがキャッシュフロー計算書の導入により営業、投資、財務という3つの区分でキャッシュがどのように増減しているのかを把握することが可能となりました。




キャッシュとは何か


ところでここで言うキャッシュとはどのようなものをさすのでしょうか。キャッシュとは現金、預金、現金同等物をさします。ここで言う預金とは要求払預金のことです。要求払預金とは預金者の要求でいつでも引き出すことが出来る預金のことです。預金には普通預金、当座預金、通知預金などがあります。通知預金というのは聞きなれない言葉かもしれませんが、これは預入後1週間以上据え置き、その後は引き出しの2日前に予告することで引き出すことが出来る預金です。

現金同等物というのは容易に換金が出来、価格変動のリスクの小さい短期投資などといった条件に当てはまるものをいいます。現金同等物には取得日から償還日または満期日までの期間が3ヶ月以内の定期預金や公社債投資信託、コマーシャルペーパーや譲渡性預金、売戻し条件付現先などがあります。コマーシャルペーパーとは社債のようなもので社債は償還期限まで通常1年以上の物がおおいのですが、コマーシャルペーパーは1年未満で、さらに30日以内のものが多いです。譲渡性預金とは通常の預金とは違い、譲渡することが可能で払い戻し期限(満期日)のある預金のことで、企業の決済用などによく用いられます。売戻し条件付現先とは一定の期間後に決った金額で現金化される(売り戻す)ことが決定されている債権をさします。この期間は1〜3ヶ月のものが多いです。

キャッシュ現金
預金当座預金
普通預金
通知預金
現金同等物(取得日〜満期日・償還日が3ヶ月以内)定期預金
公社債投資信託
コマーシャルペーパー
譲渡性預金
売戻し条件付現先



キャッシュフローと当期純利益の違い


当期純利益は「収益 - 費用」で計算しますが、キャッシュフローは「資金収入 - 資金支出」で計算します。しかしながらこの収益と費用の差である損益と、資金収入と資金支出の差である収支は一致しないものです。これは収益と費用は発生主義と実現主義に基づいて計上され、資金収入と資金支出は現金主義に基づき計上されるためです。発生主義や実現主義、現金主義については詳しくは現金主義、発生主義、実現主義の違いを参考にしてみてください。

認識基準
収益実現主義
費用発生主義
資金収入、資金支出現金主義

簡単に説明すると現金主義は文字通り、実際の現金の出入りをもとに計上するものです。一方で実現主義とは取引が成立して現金もしくは売掛金、受取手形などを受け取った時点で収益を計上し、現金を支払ったもしくは買掛金、買入債務を計上した時点で費用として計上します。実現主義では現金の受け取りだけでなく掛けによる取引でも損益が計上されるわけです。掛けでの取引では実際の現金の支払や受け取りは後日に回ります。この時間的なずれが損益と収支のずれにつながるわけです。

また収益と費用のうち費用は実現主義ではなく、発生主義で計上されます。発生主義とは経済的価値の増減が発生した時点で計上するという考え方です。例えば工場設備などの減価償却費は購入時に一度に費用として計上するのではなく、その設備が使われる期間で徐々に価値が消費されていくという考えに基づき、その期間に応じて分散して計上していきます。これが発生主義の考え方です。損益は実現主義により掛けによる取引での時間的なずれが発生し、発生主義により費用も数期間に分散計上されるため、現金主義である収支と差が生じるのです。

では実際に収益と収入、費用と支出はどのように違うかを図で見ていきます。収益には売掛金などの未収部分が含まれ、逆に資金収入には前受金などの未収益項目が含まれます。費用には減価償却費などの非資金支出項目が含まれ、逆に資金支出には前払費用などの非費用項目が含まれます。



財務諸表における位置づけ


財務諸表には貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などがあります。貸借対照表では企業の一定時点での財政状態を表し、損益計算書では企業の一定期間での経営成績を表します。損益計算書は収益と費用から計算されるため、上記でも述べましたが認識基準の違いにより、実際の資金収入と資金支出の状況との剥離が生じてしまいます。このためこうした剥離も正確に把握するためキャッシュフロー計算書が登場しました。キャッシュフロー計算書では一定期間の資金状況を表すことができます。キャッシュフロー計算書の登場により企業の実態をよりバランスよく把握することが可能となったわけです。



各区分について


キャッシュフローには営業、投資、財務と3つの区分が有りますが、各区分についてもう少し詳しく見ていきます。

■営業キャッシュフロー
主たる営業取引から発生するキャッシュの増減を表します。商品の販売やサービスの提供によって得られた売上代金から、仕入れ代金や従業員、役員の給与・賞与の支払、その他の営業経費をさし引いて求めます。営業キャッシュフローからは本業でしっかりとキャッシュを生み出せているのかどうかがわかります。

■投資キャッシュフロー
会社が事業を継続し、成長発展していくためには、設備への投資や新規事業への投資が欠かせません。こうした投資にかかるキャッシュの流れを見るのが投資キャッシュフローです。投資キャッシュフローでは土地・建物・設備をはじめとした固定資産の取得や売却、有価証券の購入や売却、資金の貸付けや回収などで発生するキャッシュの増減を表します。

■財務キャッシュフロー
資金調達や返済など会社の財務活動により発生するキャッシュの増減を表します。具体的には新株発行による資金調達や配当金の支払、社債発行による資金調達や、社債の償還、借入の実施による資金調達や返済などです。



キャッシュフロー計算書の見方


キャッシュフロー計算書をどのように見ていくのかについて解説します。

キャッシュフロー計算書 (間接法)
.


営業活動によるキャッシュフロー
税引前当期純利益
 :

20,000
---
営業活動によるキャッシュフロー 120,000
.

投資活動によるキャッシュフロー
 :

---
投資活動によるキャッシュフロー -40,000
.

財務活動によるキャッシュフロー
 :

---
財務活動によるキャッシュフロー -75,000
. 現金預金等の増加額 5,000
. 現金預金等の期首残高 9,000
. 現金預金等の期末残高 14,000

■計算式
キャッシュフロー計算書(間接法)の数値は以下の流れで計算していきます。

20000 + 100000 = 120000
120000 - 40000 = 80000
80000 - 75000 = 5000
5000 + 9000 = 14000

最初の20000+100000について解説しましょう。まず営業キャッシュフローを求める式には直説法と間接法が有り、ここでは間接法を用いて計算しています。税引前当期純利益は収益引く費用で計算されるため、実際の資金収支とは差が出ることはすでに上記でも述べました。この差を調整するため税引前利益に実際のキャッシュの動きのない減価償却費などを加減して営業キャッシュフローを求めるやり方が間接法です。この計算式では税引前当期純利益20000円に調整額100000円をプラスして営業キャッシュフロー120000円が計算されます。

次に営業キャッシュフローの120000円から投資キャッシュフローの40000円を引いてフリーキャッシュフローは80000円となります。フリーキャッシュフローについては投資キャッシュフローのところで解説しています。次にフリーキャッシュフローに財務キャッシュフローを加減しますが、財務キャッシュフローはここでは返済のほうが多いためマイナスとなっています。そこでフリーキャッシュフロー80000円から財務キャッシュフローの75000円を引いて5000円のキャッシュが残ります。この5000円のキャッシュに期首残高である9000円をプラスして、最終的に今期のキャッシュ残高14000円が計算されます。




※参考資料
経営分析の基本
はじめての株式投資 日経文庫Personal
キャッシュフロー経営の基本
キャッシュフロー経営入門
これならできる!経営分析
決算書 読解力の基本が身につく88の極意
[新版]経営分析の基本がハッキリわかる本
誰でもわかるキャッシュフロー会計のしくみ


利益は意見、キャッシュは事実 || 営業キャッシュフローの見方、計算の仕方
TOPへ HOMEへ

最終更新日 2015/09/17
公開日 2006/01/13




安全性分析一覧















Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。