経営分析とは様々な指標を用いて企業の実態を明らかにしていくものです。経営分析では次の5つの視点から分析していきます。それは収益性、安全性、活動性、生産性、成長性です。当サイトではこの5つのカテゴリで様々な指標を取り上げ、その意味や使い方などを詳しく解説していきます。

当サイトのコンテンツ
収益性分析とは
収益性とは会社の資本や売上に対していかに多くの利益を上げているかを見るもので、資本に対する収益性と売上に対する収益性の大きく二つに分類されます。
安全性分析とは
安全性分析は企業が借金を返済できなくなって倒産しないかどうかという借金の返済能力を判断するものです。借金と資産の割合やお金の流れのチェックなどを行います。
活動性分析とは
活動性分析では会社の資産を効率的に活用し大きな売上を上げているかどうか、会社が活発に回っているかどうかを判断します。
生産性分析とは
生産性分析では会社が設備や従業員などの生産要素を効率的に活用し、より多くの売上高や付加価値などの成果を達成することが出来るかどうかを判断します。
成長性分析とは
成長性分析では会社の規模の拡大の度合いや可能性を分析していきます。売上や利益の増加率、売上に対する研究開発費比率などから判断します。
実践編
実践編ではこれまでに取り上げてきた各財務分析指標を実際に用い、毎回一つの業種・業界を取り上げて企業分析を行っていきます。


新着情報
12/05 安全性分析の運転資本の種類と計算式、正味運転資本、必要運転資本とは追加。
12/03 安全性分析の当座比率の意味や計算式、目安について解説加筆修正。
11/03 収益性分析の損益分岐点とは加筆修正。
11/02 安全性分析の流動比率の意味や計算式について、200を超えれば理想的加筆修正。
10/02 収益性分析の売上高営業利益率加筆修正。
10/01 安全性分析の自己資本比率(株主資本比率)とは加筆修正。
09/01 安全性分析の固定比率と固定長期適合率加筆修正。
08/01 生産性分析の有価証券報告書から企業の総人件費を求めれるのか追加。


姉妹サイト





since 2013/08/24
Total  Today  Yesterday



ご連絡はこちらまで
Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。